お知らせ

<今月の健康メモ>

5月よりいわき市の検診が始まりました。

○胃がん検診(内視鏡):内視鏡検査をおこないます。ヘリコバクター・ピロリ菌の感染有無も検査する事をお勧めします。

○大腸がん検診:検便検査をおこないます。大腸がんの死亡数は食の欧米化の影響か増加傾向にあり、今後も増加すると予想されています。

○肺がん検診:胸部単純レントゲン写真、喀痰検査(50歳以上で喫煙指数:喫煙年数×1日喫煙本数が600以上の方が対象)をおこないます。肺がんは、日本人のがんによる死亡数のトップになっています。しかし、無症状のうちに検診を受診し、早期のうちに治療すれば約8割が治るようになりました。

○肝炎ウイルス検診:血液によるB型・C型肝炎ウイルスの検査をおこないます

○骨そしょう症検診:骨密度を測る検査をおこないます。

○ヘリコバクター・ピロリ抗体検査:ヘリコバクター・ピロリは胃の粘膜に住みつく菌で、感染したまま放置しておくと、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどが引き起こされることがあります。ご自身の感染状況から胃がんのリスクを知ること、併せて検診を定期的に受診することで、胃がんの予防・早期発見につなげましょう。

○推定食塩摂取量検査:食塩の過剰摂取は高血圧と関連し、心血管病のリスクを高めるなど、様々な疾病を引き起こします。こうした現状を踏まえ、厚生労働省の「食事摂取基準」では1日の食塩摂取目標値を男性8g未満、女性7g未満としています。健康診査を受診して自分の食塩摂取量を知りましょう。

○国保人間ドック:問診・身体測定・腹囲測定・血圧測定・血液検査・尿検査・心電図検査・眼底検査 等をおこないます。特定健康診査(特定保健指導)は、心臓病や脳卒中、糖尿病などの生活習慣病を引き起こすメタボリックシンドロームの予防、改善のための健診です。

メタボリックシンドロームとは内臓肥満に高血圧・高血糖・脂質代謝異常が組み合わさることにより、心臓病や脳卒中などになりやすい病態を指します。単に腹囲が大きいだけでは、メタボリックシンドロームにはあてはまりません。

★メタボリックシンドロームの診断基準は、ウエスト周囲径(へその高さの腹囲)が、男性85cm・女性90cm以上で、かつ血圧・血糖・血清脂質のうち2つ以上が基準値から外れると、「メタボリックシンドローム」と診断されます。現在、予備群も含めて男性は40~74歳で2人に1人、女性は5人に1人存在し、増加傾向にあるといわれています。中高年がかかる病気と思われがちですが、年齢・性別を問わず注意が必要です。将来の生活習慣病を防ぐためにも、食生活の見直しや適度な運動を心がけましょう。