お知らせ

<今月の健康メモ>

RSウイルス感染症 ~成人・高齢者のRSウイルス感染症予防ワクチンの重要性~

・RSウイルスとは?・・

RSウイルス感染症とは、RSウイルスの感染による呼吸器の感染症です。何度も感染と発病を繰り返しますが、生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の乳幼児が感染するとされています。9月頃から流行し、初春まで続くとされてきましたが、近年では夏季より流行が始まるようになってきています。

・RSウイルス感染の症状は?・・

発熱、鼻水などの症状が数日続きます。多くは軽症で済みますが、咳がひどくなる、「ゼーゼー、ヒューヒュー」という喘鳴を伴った呼吸困難が出るなどの症状が出現した場合は、細気管支炎、肺炎へと進展することがあり注意が必要です。潜伏期間は2~8日、典型的には4~6日です。初めて感染する乳幼児の約7割は、数日のうちに軽快しますが、約3割は咳が悪化し、喘鳴、呼吸困難症状などが出現します。早産児や生後24ヶ月以下で心臓や肺に基礎疾患がある、神経・筋疾患や免疫不全の基礎疾患を有する感染者の場合、重症化するリスクが高まります。重篤な合併症として注意すべきものには、無呼吸発作、急性脳症等があります。

・RSウイルス感染経路は?・・

RSウイルスは主に接触感染と飛沫感染で感染が広がります。 接触感染は、RSウイルスに感染している人との直接の接触や、感染者が触れたことによりウイルスがついた手指や物品(ドアノブ、手すり、スイッチ、机、椅子、おもちゃ、コップ等)を触ったり、なめたりすることで感染することを言います。

・発症年齢による症状の違いは?

2歳までにほとんどの子供がRSウイルスに感染します。その際に抗体は産生されますが、感染防御には十分な効果を発揮しないため、初感染以降もRSウイルスの再感染がしばしば起こることが予測されます。また、インフルエンザと同様に秋季~冬季に流行し、子供において喘鳴の原因となります。重症化する呼吸器ウイルス感染の代表であるインフルエンザと比較した場合、RSウイルス感染症は、乳幼児では致命率が高いことが知られています。一方、成人のRSウイルス感染症は、通常感冒様症状を呈し自然軽快すると考えられています。しかし、介護施設などでの集団発生の原因にRSウイルス感染の関与が指摘されるだけでなく、高齢者でのRSウイルス感染症はインフルエンザと同等の致命率を引き起こすこと言われています。RSウイルス感染症の重症化リスク要因として、年齢:高齢者、基礎疾患:慢性呼吸器疾患:喘息・COPD(慢性閉塞性肺疾患)・うっ血性心不全・冠動脈疾患・糖尿病・CKD(慢性腎臓病)・免疫機能低下などが挙げられます。

・RSウイルスは、ワクチンで予防できます!

RSウイルスワクチン(アレックスビー)は、60歳以上の方に使用するRSウイルス感染症のワクチンで、1回0.5mLを筋肉内に接種します。高齢者の肺炎の原因となるインフルエンザや肺炎球菌には治療薬があるのに対して、RSウイルスには治療薬がないため、予防が重要になってきます。家族間で小さいこどもが感染しても、ワクチンを接種しておくとRSウイルス感染のリスクを減らせるので、上記の重症化リスクの高い方や、60歳以上の人で小さいお子さんやお孫さんと接する機会が多い方は、アレックスビーの接種を積極的に検討してみてはいかがでしょうか?

ご希望の方は当院スタッフに御相談(予約不要)ください。